発酵ジンジャーエール|northern dark snail(紅茶+カモミール)

           
northern dark snail(紅茶+カモミール)
  • スタイル : 発酵ジンジャーエール
  • 内容量 : 200ml
  • IBU(国際苦味単位) : -
  • 原産国 : 日本(埼玉)
  • アルコール度数 : 約0.5%(お酒ではありません)
  • ブルワリー : しょうがのむし

northern dark snail(紅茶+カモミール)

northern dark snail(紅茶+カモミール)
¥550 (税込)
数量
在庫状態 : 在庫有り
20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。

northern dark snail(紅茶+カモミール)のご紹介

生姜の効いた少し辛めの大人のためのクラフトジンジャーエール!
原材料は無添加、無着色、無香料にこだわった自然のものを使用しています。
お料理にもあいますのでお酒が飲めない時やお酒が苦手な方にもおすすめの1本です!
ぜひお試しください!

原材料;
糖蜜(さいたま製造)、生姜、かぼす、紅茶(インド、狭山市)、カモミール、スパイス

※アルコールは発酵過程で出てきますが、その量は完熟したブドウの数倍程度ですので、基本的に酔うことはありません。アルコールに対し劇的なアレルギー反応を起こす方は、様子を見ながらの飲用をお勧めします。
※1%未満のためノンアルコールとなります。
※ハチミツ入りの製品は1歳未満の乳児に与えないでください。

northern dark snail、直訳すると「北方の黒っぽいカタツムリ」。
カモミールと紅茶を贅沢に使用した一本です。
カモミールは北国ロシアの国花、紅茶は英語でblack teaと言うので、こんな名前になりました。
さえない雨の日に、カタツムリのように家にこもってゆっくりじっくり楽しんで、少しでも味わい深い日にしてほしい、というコンセプトから生まれました。

紅茶は本場イギリスの品評会でも受賞歴のあるブレンダーの中峰剛氏に「カモミールとよく合う配合で」と失礼を承知で頼み込んでブレンドしてもらいました。
最終的にはアッサムのオレンジペコーを中心に、埼玉が誇る狭山茶の茶葉から作られた紅茶をブレンドすることで、しっかりとした味わいの中にも繊細さを兼ね備え、かつカモミールの甘い香りもしっかり抱き込んでくれる、という素晴らしい茶葉が完成しました。

味わいは、少し不思議ですが、海外の黒ビールを飲んでるみたい、とよく言われます。

挑戦的なレシピですが、無添加、無香料、無着色、無加水、無濾過、手造りにこだわり、昔ながらの製法で大切に醸造しています。
ラベルには記載されていませんが、生姜は5?6%、レモン果汁は2%、紅茶は普通に淹れるより少し多めに茶葉を使用し、とても贅沢に造られています。
生姜は辛味の強い見沼田んぼで作られた三州か、名前のない幻の生姜を使っているので、これ以上入れると飲めない方が出てきます。

冷やしてそのまま飲むなら、まずは上澄みをスッキリとお飲みいただき、残りの半分は瓶を軽く揺すって瓶底の酵母を舞い上がらせてお飲み頂くと、複雑な味わいが楽しめます。
オーツミルクで割ったらものすごく美味しかったので、最初からオーツミルクを入れたものを造ろうか迷っています。多分ミルクで割っても美味しいです。見た目は分離によって悪くなるかもしれません。
お酒との組み合わせなら、バーボンやウオッカ、ラム、コニャックなどが合いそうですが、私もまだ模索中です。フルーツが使用されたクラフトビールと割ったら美味しかったです。

板橋区・北区・豊島区ご近所配送やってます。